HOME  >  幼稚園の教育  >  園長挨拶

園長挨拶

園長 松田 倫範

  平成30年度の始業にあたり、一言ご挨拶申し上げます。例年ですと、お子さまのご入園、ご進級を祝福するかのように、春を待ちわびた園庭の桜が一斉に咲き始め、満開の桜の中での始業式、入園式を迎えることができるのですが、今年の桜はせっかちで、僅かばかり残った桜の花びらと葉桜の中での、新しい1年のスタートとなりました。今年はどんな子どもたちの輝く笑顔に会えるか、とても楽しみです。

 


 当園では、まずは子どもたちにしっかりした正しい生活習慣を身につけさせていきたいと考えています。元気よく自分から挨拶ができる。用便が言える、一人でできる。給食を好き嫌いなく残さず食べることができる。椅子に座ってしっかりと話を聞くことができる。集団の中でもルールを守り、はっきりと自分の考えが言える、行動できる。順番が守れ、おもちゃをお友達と譲り合うことができる。お友達の気持ちを優しく思いやることができる。等々、社会性、協調性をしっかり育みながら、毎日、元気いっぱい、好奇心いっぱいに笑顔で登園いただける真貴幼稚園をめざしていきたいと思います。また、成長の過程のなかで、いろいろな“最後まで諦めずに頑張ればできる喜び”⇒成功体験を通して達成感、自信を育みながら、難しいことにもどんどんとチャレンジしていく、たくましい心と身体を育てていきたいと考えています。

 

 

 

 新年度もこれまで以上に保護者の皆さまとの連携を蜜にし、幼稚園とご家庭が一緒になってお子さまを育んでいけるよう、お子さまの成長にきめ細かく注力しつつ、その成長を保護者の皆さまとともに感動することができるよう、しっかりと指導に努めて参りたいと考えています。新年度も温かいご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

Copyright© Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation