HOME  >  幼稚園の教育  >  園長挨拶

園長挨拶

園長 松田 倫範

  新しいお友だちを迎え入れて2ヶ月が過ぎました。入園当初はあちこちでお母さんが恋しくて泣いていた新入の年少さんたちも、それぞれが幼稚園での居場所を見つけ、仲良しのお友だちを見つけて、自分のペースで落ち着いて楽しく園生活を送ることができるようになってきました。年少さんも今では、ほとんどの子どもたちが園門でお母さんに「行ってきます。」とお別れでき、クラスの前では先生やお友だちに手をあげ「おはよう。」と、元気良く笑顔で挨拶する姿が見受けられます。また、年少さんもお当番さんでは、クラス全員分の給食を4人で持ち、よろよろしながらも、みんなが待っているお部屋まで一生懸命に運んでいく微笑ましい姿も見られます。

 

 園生活も通常保育に加え、体育指導やスイミング、英語指導や絵画指導も始まり、子どもたちも期待に目を輝かせながら取り組んでいます。先日は南公園まで春の遠足に行ってきました。図鑑片手に春の花を探したり、虫を見つけては図鑑で調べたりしました。芝生の坂道をおいもになってごろごろと転がったりしました。先日は、年中さんのお部屋では青虫からかえったモンシロチョウをみんなでバイバイをしながら外に放してあげました。年長さんのお部屋ではカブト虫の幼虫がしっかりと角をもった立派なサナギになり始めました。年長さんの育てているミニトマトの成育も楽しみです。いろいろな経験を通して一つずつ成長していきたいと思います。

 

 歯科健診、内科健診も実施し、子どもたちに健康の大切さも指導していきたいと思います。また、暑い夏がやってきます。熱中症対策もしっかりと行っていきます。保護者の皆さま方も一緒になって子どもたちの成長を楽しみ、見守っていただきたいと思います。

Copyright© Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation