HOME  >  幼稚園の教育  >  園長挨拶

園長挨拶

園長 松田 倫範

 真貴幼稚園も新入園児を迎え入れて3週間が経ちました。今年は桜やちゅうりっぷ、そして砂場の上の藤の花も開花が早く、ゴールデンウィーク明けにはには一気に初夏の日差しとなりました。

 まだまだ入園間もない年少さんの、お母さんを恋しがる泣き声がときどき聞こえてきますが、そんな中、まだ幼稚園内がおぼつかない新年少さんを保育室へと案内してくれたり、泣いている年少さんを優しく気遣い励ましてくれる年長さん、年中さんに、お兄さん・お姉さんとしての優しい、たくましく成長した姿が感じられます。

 年長さんは、新しいクラスでもすぐに新しい友だちと仲良くなり、明るく、楽しく、伸び伸びと意欲的に新しい活動に取り組んでいます。2年目の年中さんも少しずつクラスにも打ち解け、自分の気持ちを上手に伝えられるようになり、友だちどうしでのコミュニケーションも活発に行えるようになってきました。

 真貴幼稚園では“人の話をしっかりと聞き、じっくりと考える力”を育てていきたいと考えています。また、子どもたちがいろいろな事に興味、関心を抱き、そしてどんどんチャレンジし、“多少のつまずきはあっても最後まで頑張りやり遂げる”そんなたくましい心と身体を育てていきたいと思います。

皆さまの温かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします。


Copyright© Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation