HOME  >  幼稚園レポート一覧  >  2019年一覧  >  3学期の保育参観がありました。

3学期の保育参観がありました。

1月12日(土)、今年度最後となる第3回保育参観がありました。どんよりとした冬空ではありましたが、たくさんのご家族にお越しいただきました。
今回は、幼稚園で学ぶ五領域のうち「言葉」の分野をテーマとした参観です。いろいろな “言葉あそび” や、学年ごとに種類が異なる “かるたとり” の活動を見ていただき、保護者の方にも審判役での参加をお願いしました(年少さんは、かるたにクレパスで色塗りもしました)。冬休み中に練習してきた成果を見せようと張りきった子どもたちは、元気いっぱいの「はいっ!」というかけ声とともに、楽しそうにかるたを取っていました。
言葉あそびでは、グループになって「 “あ” のつくもの」「食べ物」「赤いもの」をたくさん出しましょうという課題に挑戦しました。子どもたちは、自分たちが思いついたモノを、自信いっぱいに発言してくれました。
また、子どもたちが作った福笑いの作品や「小学校で頑張りたいこと」の絵や作文を教室に貼り出し、年長さんの廃材製作を図書室などに展示して、保護者の方に見ていただきました。「とてもかっこよく作ってあるね!」「発想がおもしろいね!」などと、自分のお子さまの作品だけでなく、お友だちの作品にも感心し、様々な子どもたちの成長を楽しんでいただきました。

           

Copyright© Kawaijuku-Gakuen Educational Foundation